FC2ブログ

東京都に地震が発生した時の地域危険度ランキング

東京都では「首都地震」発生の際の街(町や丁目ごとに約5千ヶ所)ごとの地域危険度測定調査を行い、「建物倒壊危険度」「地震火災危険度」「災害時活動困難度」「総合危険度」をランキング形式で公表しました。

調査はこれで8回目。

データは、特定の震源を想定せず、震度6強などの強い地震が起きたと仮定し、町丁目単位の5,177地域ごとに、地盤の特性や建物の構造、密集度などを調べ、倒壊や火災による被害の大きさを算出。

避難や救助に必要な道路の整備状況も考慮し、総合的な危険度を示しています。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm


総合危険度ランキング1位から5位は、荒川区、足立区、墨田区が占めます。

加えて、品川区南西部や大田区、中野区、杉並東部にも広がります。

災害はいつやってくるかわかりません。

そのとき、自分がどこにいるのかもわかりません。

ときどきは、もし今大きな地震が起きたらどうするか?考えてみるのもいいかもしれませんね。
このページのトップへ