固定電話の2024年問題

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)と西日本電信電話株式会社(NTT西日本)が、固定電話のIP網への移行スケジュールを公表しています。
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171017_01.html

交換機などが2025年頃に維持限界を迎えるため、2024年1月から1年かけて切替を行い、2025年1月に完了する計画です。


計画によると、電話線から光ファイバーへの切り替えは、すべて局内の工事のみで完了。

消費者は手続きも回線工事も不要で、現在利用中の電話機も今まで通り使うことができます。

電話料金は、全国一律3分8.5円(税抜)。


今まで固定電話は、長距離になるほど料金が高くなっていましたが、IP網の特性を活かし、全国一律の料金体系になります。

固定電話を主に利用している家庭に、この情報が届いているかというと、今のところ知らない人のほうが多そうです。

今後しばらくは、「古い回線を新しい回線にする工事が必要だ」とか「今の電話機が使えなくなる」といった悪質勧誘に用心が必要ですね。


このページのトップへ