M字カーブ解消中?!

「M字カーブ」とは、日本人女性の年齢階級別の労働力率をグラフで表すと、学校卒業後20歳代でピークに達し、その後、30歳代の出産・育児期に落ち込み、子育てが一段落した40歳代で再上昇し、アルファベットの「M」のかたちに似た曲線を描くことから、そう呼ばれています。

「女性は家にいて家事や育児に専念するべき」という考え方が根強く残っていることに加え、家事や育児を担いながらも働き続けられる環境が整っていないことを表してきました。

総務省が1月下旬にまとめた最新の労働力調査によると、2017年は15~64歳で働く女性は、2609万人。
http://www.stat.go.jp/data/roudou/index.htm


中でも30~34歳の労働力率は30年前には5割程度だったのが、ここ数年で急上昇。

2017年には75.2%になり、これは40~44歳の77.0%とほぼ同じ水準になり、「M字カーブ」が急速に台形に近づいてきたことがわかりました。


女性が働きやすい環境が整ってきた成果だという意見もあるようですが、配偶者(男性)の待遇の低下や伸びない賃金、大学進学率向上による子どもの教育費の負担増により働かざるえない、というのが本当のところのような気もしますね。







このページのトップへ