男性も乳がんになる

乳がんといえば、女性特有の病気と思われがちですが、実は男性もなる病気です。

理由は、男性にも少しですが胸に乳腺があるから。


「乳腺」には母乳を作るための組織である「小葉」と、母乳を運ぶための管である「乳管」があります。

この乳腺にできるがんを乳がんといいますが、男性にもこの乳腺があります。

がんの治療で大切なのが、「早期検査」「早期発見」「早期治療」。

ところが、男性の場合はなかなか乳がんが発症していることに気づきにくく、早期発見が難しくなります。

そのため、発見された時点ですでに乳がんが進行してしまっていることも。

ただ、人数が少ないことは確かで、男性乳がんの罹患率は女性乳がんの1%弱。


そのため、男性の乳がん患者さんは、同じ病気の人に会う機会がなく、同病であるからこそ聞いてみたいことがあっても、なかなか繋がって話をする機会がないのが現実です。

そんな男性乳がんの方のお悩み、例えば副作用の体験談や対処法・治療や生活のちょっとした不安などを言葉にしてみようという集まりがあります。

名前は、「男性乳がんの会『メンズBC』」

開催日は、2018年4月14日(土)。

場所はお茶の水。

申し込みはCNJ(キャンサーネットジャパン)のHPからできます。

http://www.cancernet.jp/22166


女性比べると患者数は圧倒的に少ないとはいえ、病気の怖さは同じ。

男性でもたまにはセルフチェックするといいですね。
このページのトップへ