ふるさと納税の返礼品専用通販サイトができる!?

総務省が、ふるさと納税の返礼対象品を購入できる通販サイトを9月にも官民でスタートさせるというニュースがありました。

ふるさと納税仲介サイト「ふるさとチョイス」を運営する会社と共同で開設。

支払いには、マイナンバーカードにためたポイントで支払う仕組みです。
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

マイナンバーカードは近く航空会社のマイレージやクレジットカードのポイントなどをためる機能を備える予定。

1ポイント=1円などとして使えるようにするようです。

マイナンバーカード普及のためにできる通販サイトなのかしらね。



このページのトップへ

MUFGコイン

MUFGコインとは、三菱東京UFJ銀行が発行する独自の仮想通貨です。
http://www.bk.mufg.jp/index.html

ビットコインのような仮想通貨と異なるのは、1コインが1円と固定されているということ。

使い方は、スマートフォンにアプリをダウンロードして仮想通貨の口座をつくり、銀行口座のお金を「1円=1MUFGコイン」に交換して使います。

利用する店舗にアプリを入れたスマホやタブレットがあれば、専用端末がなくても支払いができます。


Suica(スイカ)のような電子マネーとの大きな違いは、利用者同士がコインをやりとりできるということ。

送金できる電子マネーといったところでしょうか。

もちろん、MUFGコインを発行できるのは三菱東京UFJ銀行だけです。


一般ユーザーが利用できる前に、まずは5月から役員ら200人でスタート。

年末には全行員が使えるようにする予定だそうです。


仮想通貨で買い物する時代が、近づいているのかもしれませんね
このページのトップへ

郵便はがき、値上げに

郵便はがきが6月から値上げになります。

ん? そもそも今いくらだっけ? と思った人も多いのではないでしょうか。

現在はがき(第2種郵便物)は52円です。

これを6月に62円に値上げされます。
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/1222_01.html

はがきの値上げは消費税率が8%に上がった2014年4月以来3年ぶり。

消費増税以外では、じつに23年ぶりのことなんだとか。


ただし、年賀はがきに関しては52円に据え置かれます。

毎年12月15日から翌1月7日までを「年賀特別郵便」の期間としていて、この期間内に差し出された郵便はがきを「年賀状」として取り扱っているため、この期間は現行の52円はがきに『年賀』と書いて期間内に投かんすればそのまま使えるようです。

とは、いってもこれだけメールが普通になった今、10円の値上げが痛いなーと思う人はあまりいそうにありませんね。
このページのトップへ

港区民、年収1000万円超!?

東京都港区の住民の平均所得は1111万7429円!

数字は、総務省が公表している統計資料をもとに、市区町村別の課税対象所得の総額を納税者数で除算した額を平均所得として規定した場合の結果です。


日経新聞の報道によれば、2位の千代田区民より200万円近く所得が多く、最下位の足立区とは約780万円、3倍以上もの開きがあるとか。

さらに“区間格差”は年々拡大する傾向にあるようです。


港区には富裕層が多く住んでいるということなんですね
http://www.city.minato.tokyo.jp/

このページのトップへ

電気料金値上げの5月

5月になりました。

大手電力全10社の家庭向け電気料金が、5月から値上がりしました。

理由は、火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)などの輸入価格が上がったため。

さらに、5月から太陽光や風力など再生可能エネルギーの賦課金が増えたのも原因です。


再生可能エネルギーの賦課金とは、再生可能エネルギーで発電された電気を電力会社が買い取るために、消費者から集める費用のことをいいます。

電気料金の領収書を見ると「再エネ発電賦課金等」という項目で差し引かれていますね。

再生可能エネルギーで発電された電気は、国が定める割高な価格で電力会社が一定期間買い取ることを義務付けられています。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/surcharge.html

電力会社はその買い取りのための料金を、今度は利用者に割り当てています。

簡単に言うと、高い売電価格のために必要な費用は、最終的に電力会社ではなく利用者全員が負担することで、太陽光発電などで電気を作っている人に届く仕組みです。

将来の電気エネルギーのために必要な費用とはいえ、なるべくなら負担は小さくしたいですね・・・。

このページのトップへ