FC2ブログ

火災保険の水災補償

台風19号をはじめ豪雨等により、今年も各地で河川堤防の決壊、土砂崩れ等の災害が続きました。

降水量が多い日本で暮らすということは、同時に水災と隣り合わせの生活をしていると実感しますね。

火災保険には、台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水による災害が原因で、建物や家財が所定の損害を受けた場合に補償が受けられる「水災補償」があります。

自動車の水没は自動車保険の車両保険で補償されますが、自転車や原付自転車は水災補償の対象になります。

一般的に、建物や家財に再調達価額の30%以上の損害が生じたとき、または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmを超える浸水となった結果損害が生じたときに、保険金が支払われます。

台風19号では、水災とは無縁とされていたマンションの2階部分まで水に覆われたり、タワマンでの浸水により停電と断水が起きるなど被害が続出しました。

水災補償は、保険料が比較的高いため、最近ではつけずに契約する人も増えていました。

人生100年時代。

ライフプランに、水災に備えるというワードが付け加わりそうです。





このページのトップへ

雪災もカバーする火災保険

南岸低気圧の通過。

低気圧の通過するタイミングによっては、雪国ではない地域でも思わぬ大雪に見舞われることがありますね。

普段から雪対策の行き届いた地域と違い、塀やカーポートの屋根が雪の重みで壊れて慌てることがあります。

火災だけでなくこうした自然災害のリスクもカバーするのが、火災保険です。

雪災ももちろん対象です。

火災保険の多くは、「風災・雹災・雪災」はセットになっているはず。


ただし、内容は一律ではなく、保険会社によって保険金額や給付の条件や免責などが決められています。


たとえば、「雪災」「風災」「雹災」については雪・風・雹それぞれの補償が「損害額が20万円以上」という契約となっているものがあります。


古いタイプの火災保険に多いようですが、こういったタイプのものだと、20万円未満の損害額では支払い対象にならず、20万円以上になった場合に被害額の全額が補償されます。


保険会社が独自に販売している新しタイプの火災保険では、、自己負担を0万円、3万円、5万円、10万円などに設定して、損害額に関わらず自己負担額以上が支払い対象になるものもあります。

免責金額が高いほど保険料は安め。

壊れた残存物の片づけ費用の実費が出る「残存物取り片付け費用」も自動付帯されている商品も多いので、この時期はわが家の火災保険がどこまでカバーするか、確認しておくといいかもしれませんね。
このページのトップへ

本人限定の自動車保険

任意で加入する自動車保険は、契約車両を運転する人を限定し、補償対象となる「運転者の範囲」を狭くすればするほど保険料を安くすることができます。

ポピュラーなのが「家族限定特約」を付帯して、運転者の範囲を「家族」に限定するプラン。

この場合家族と認められるのは、記名被保険者、その配偶者、同居の親族、別居の未婚の子。

子供が独立してその車を運転しなくなった、なんてときは「夫婦限定」にすれば、保険料はさらに安くなります。

ところが先日、日経新聞に、来年1月から大手損害保険会社が「家族限定」を廃止するとのニュースが載っていました。

理由は、世帯構成の変化で家族限定より本人あるいは配偶者限定を選ぶ比率が高まっているからとのこと。

本人限定にした場合の割引率は7~8%。

夫婦限定で6%引き程度。

自動車保険はほとんど1年契約なので、来年の契約のご案内には家族割がなしのプランが送られてきそうです。

その場合は本人限定か夫婦限定プランに変更し、めったに乗らないけど、たまに乗ることがある子どもがいる家庭なら、1日だけの自動車保険などで対応するのがいいかもしれませんね。




このページのトップへ

軽自動車の任意自動車保険料

何かと税金面で優遇されている軽自動車。

任意保険も例外ではなく、普通自動車と比べ月で3~5千円程度は安くなっています。

自家用普通乗用車などの場合、「型式別料率クラス」が採用されていて、1契約あたりの保険金支払いが多い型式はこの料率クラスの数字が大きくなり、保険料は高くなる仕組みになっています。

軽自動車の場合は、これまで事故などに関するデータの蓄積が少ないといった事情から、この「型式別料率クラス」が採用されておらず、保険料は一律でした。
(もちろん等級や走行距離、補償内容が異なれば保険料にも差がでます)

損害保険各社でつくる「損害保険料率算出機構」が2020年1月から、軽自動車の自動車保険料を型式に応じて3段階に分ける方針を発表しました。
https://www.giroj.or.jp/

今後は最大で1万円程度の差がでる見込み。

軽自動車でも、安全性の違いで保険料にも差がでるようになるということですね。
このページのトップへ

テレマティクス保険が増えてきた

自動車保険といえば、年齢や事故・違反歴でによって保険料が決まる仕組みがほとんどです。

実際には、年齢が同じでも人によって運転技術、安全運転への意識も異なりますね。

最近注目されているのが「テレマティクス保険」とよばれる仕組みの自動車保険。

簡単にいうと、通信機能を持つ端末を車に搭載し、車の走行距離や急ブレーキや急発進の頻度などといった運転技術を収集・分析・評価し、保険料を算出する自動車保険のことです。

国をあげて後押しいていることもあり、今後さらに増えていきそうな気配です。
http://www.mlit.go.jp/common/001061957.pdf


走行距離が短い人、安全運転を続けている人の保険料が安くなる料金体系が進めば、交通事故の減少にもつながるかもしれません。

テレマティクスを利用すれば険料の割引きだけでなく、専用のドライブレコーダーに記録された映像が自動的に保険会社に送信されるなど、事故の解決にも役立ったり、救急車の手配もしてくれるなどのサービスにも役立ちそうです。

自動車保険選びも安さだけではなくなりますね。



このページのトップへ