7月10日はウルトラマンの日!?

「ウルトラマン」、言わずと知れた円谷プロ制作の巨大ヒーローです。

昭和41年7月17日から昭和42年4月9日の間、TBS系で毎週日曜日19:00-19:30に放送されました。



そして、今日、7月10日はウルトラマンの日。
http://m-78.jp/710/


HPによると、第一話「ウルトラ作戦第一号」が放送される7月17日より一週間前の7月10日。

ウルトラマン、ウルトラ怪獣、科学特捜隊、が出演し、ウルトラマンの生みの親である円谷英二もゲストで登場した「ウルトラマン前夜祭ウルトラマン誕生」という番組PRイベントが公開録画中継で放送されました。

ウルトラマンがテレビに初めて登場した記念すべき日が7月10日のようです。

なんと50年もの間、ヒーローなんてスゴイですね。
このページのトップへ

こども霞が関見学デー 2015

「子ども霞が関見学デー」は、親子のふれあいを深め、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、政府の施策に対する理解を深めてもらうことを目的に、各府省庁などが参加して実施しているイベントです。


今年は、7月29日(水曜日)、30日(木曜日)の開催。

申し込みが必要な催し物もありますので、各省庁のHPで確認するといいようです。

もちろん、申込不要のものもあります。


「金融庁」
http://www.fsa.go.jp/news/26/sonota/20150630-8.html


「宮内庁」
http://www.kunaicho.go.jp/event/kasumigaseki/kasumigaseki.html


「特定保護個人情報委員会」
http://www.ppc.go.jp/aboutus/publications/27kodomo/


「消費者庁」
http://www.caa.go.jp/info/children/2014.html


「外務省」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/p_pd/dpr/page22_002088.html


「財務省」
http://www.mof.go.jp/public_relations/ohter/kengaku_2015.html

などなど。

夏休みの自由研究の材料になるかもしれませんね
このページのトップへ

きものの日ができる?

経済産業省が、職員に和装出勤を促す「きものの日」の導入を検討しているそうです。


もちろん、国内和装産業の振興が目的。


みんなに着物を着て(買って)ほしいとアピールするには、それを伝える側も着物が好きと伝えることが大切ってことのようです。

和装文化を学ぶセミナーや、イベントも開催し、着物を日常生活に取り込むことを目指します。


6月にまとめる有識者研究会の提言を踏まえ、早ければ来年度から実施の予定。
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/seizou/wasou_shinkou/pdf/004_04_03.pdf



政府が勧めるクールビズにアロハシャツやかりゆし姿の環境省の職員が登場するように、着物姿の経済産業省の職員が毎年登場するんでしょうか


このページのトップへ

2月13日は「NISAの日」

平成26年1月1日よりNISA(少額投資非課税制度)が始まりました。


金融庁では、2月13日を“NISAの日”として、NISAの広報活動に積極的に取り組むこととしています。

NISA(ニーサ)を213にひっかけた語呂合わせですね。


今年は、日本経済新聞社が主催し、金融庁が後援する「NISAの日特別セミナー」が開催されます。


こちら⇒http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=01713


また、日本証券業協会や投資信託協会でも、イベントを開催します。


国をあげて、NISAを後押ししているようですね

このページのトップへ

朔旦冬至(さくたんとうじ)

昨日、12月22日は太陽が昇っている時間が1年で一番短い冬至でした。


今年は、月の満ち欠けが見えなくなる新月と重なり、19年に1度めぐってくる特別の冬至「朔旦冬至(さくたんとうじ)」となりました。


冬至を境に太陽のエネルギーが大きくなり、昼の時間がどんどん長くなっていきます。


言ってみれば太陽の復活の日。


一方、月の満ち欠けのサイクルで冬至にあたるのが新月です。


満月からどんどん欠け、1度姿を消した月は、新月で復活し満月に向けて満ちていきます。


この太陽の復活の日『冬至』と、月の復活の日『新月』が重なるのが「朔旦冬至(さくたんとうじ)」です。


そして、この2つが重なるのが19年に1度で、昨日がその日だったのです。


残念ながら、今年の次の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」は、19年後ではなく38年後の2052年になるそうですよ
このページのトップへ