FC2ブログ

先進医療制度患者申出療養制度

病気やケガの治療は日進月歩。

新しい治療法が登場し、昔なら治癒が難しかった病気でも治せるようになってきました。


日本の公的医療制度では、混合診療は原則禁止されていて、公的医療保険が適用できる保険診療と、保険がきかない未承認の薬や治療法を自由診療として併用することができません。

一部でも自由診療を取り入れた治療をすると、全額が自己負担になります。

それでも、大学病院などで研究・開発されている高度な医療技術のなかで、厚生労働大臣が安全性と有効性を確保するために基準を定め、認められた技術を「先進医療」と位置付けて、保険診療と保険外診療の併用が認められています。

認められた場合、保険診療部分についてだけは原則3割負担になります。

がん治療の1つ重粒子線治療などは有名ですね。

先進医療が医療機関主導で申請するのに対し、患者側から申出ることができる制度が「患者申出療養制度」です。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000114800.html


まだ承認されていない薬等を保険外併用療養として使用したいという患者の思いに応えるため、患者からの申出を起点とし、安全性・有効性等を確認しつつ、できる限り身近な医療機関で受けられるようにする制度です。

2016年にできた制度で、将来的に保険適用につなげるためのデータ、科学的根拠を集積することを目的としています。

制度を利用したいと思ったときは、まずはかかりつけの医師など身近な保険医療機関に相談するのが第一歩。

相談された医師は大学病院等と連携して対応します。

それでも、未承認薬の多くは超高額。

未承認の抗がん剤の多くは1か月あたりの薬剤費が100万円を超え、中には1000万円を超えるものもあります。

患者申出療養として認められ未承認薬が使えるようになったとしても、実際に経済的負担に耐えられる人は少ないかもしれませんね。

このページのトップへ

迷惑メールを情報提供しよう

パソコンやケータイを使ってメールを利用していると、いつの間にか、不要な広告宣伝メールや意味不明のメールが届くようになります。

商品やサービス、サイトの宣伝などの「広告宣伝メール」。

お金や情報をだまし取ろうとする詐欺目的の「架空請求メール」。

法外なサイト利用料を要求する「不当請求メール」。

ウイルス感染を目的とする「ウイルスメール」。

かんたんな副業で高額収入が得られるなど詐欺の「お金儲けのメール」。

こうした受け取る人の意思に関わらず、勝手に送りつけられてくるメールのことを総称して「迷惑メール」と呼んでいます。


総務省が、こうした迷惑メール送信者の違法行為を取り締まるために、専門機関を設けて情報収集をしています。

方法は、私たちが受信した迷惑メールを転送することで情報提供します。

多くの情報が集まることで、行政がは迷惑メール送信者に処分を下すという仕組みです。

とりあえず転送するだけのようですから、プログラムをダウンロードしておいてはいかがでしょう。
http://plugin.antispam.soumu.go.jp/


このページのトップへ

ハザードマップポータルサイト

7年前の東日本大震災を始めとして、近年、地震、火山の噴火、豪雨など大規模な災害が続いています。

こうした自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものがハザードマップです。

その土地の成り立ちや、災害が起こりやすい地形や地盤の特徴、過去の災害履歴だけでなく、予想される災害の発生地点、被害の拡大範囲やその被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に示されている優れものです。
https://disaportal.gsi.go.jp/

国土地理院のデータをもとに、各自治体が作成し公表しています。


自分の住む地域に起こる可能性のある災害や被害を知って、被災時に深刻な事態に陥らないように日頃から準備をしておくことは大切なことです。

見たことない、という人は一度ご覧になるといいですよ。


このページのトップへ

「さくらねこ」-無料不妊手術事業

「さくらねこ」 とは、不妊手術済みのしるしに、耳先を桜の花びらの形にカットしたノラ猫のことです。この耳のことを、さくら耳といいます。

日本では1年間で約6万7000頭もの猫が殺処分されています。1匹のメス猫は年3回出産し、1回に平均4匹の子猫を産みます。

約8割が産まれて間もない仔猫です。


公益財団法人どうぶつ基金では、この現実から考えて、1匹でも多くの猫に不妊手術を施すことが殺処分ゼロを実現するもっとも有効な手段だと考え全国の獣医師さんや行政、ボランティアの皆さんと協働して毎年数千頭の猫に無料で不妊去勢手術を施す「さくらねこ無料不妊手術事業」を行っています。
https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/story


事業ではノラ猫に捕獲後、不妊去勢手術をして、手術済みのしるしとして麻酔中に耳先を「V字」にカットします。


この耳先の形が桜の花びらに似ていること、そして地域の皆さんに愛される桜のような存在になるように願いを込め、手術を終えた猫のことを「さくらねこ」と呼んでいます。


事業は、善意の寄付でなりたっています。

個人の寄付の場合、寄付金から2000円を差し引いた金額が年間所得から控除(寄付金控除)されます。

当公益財団が発行する領収証を提出して確定申告をします。


ふるさと納税のような豪華な景品はありませんが、不幸なねこ1匹でも減らすための寄付も悪くありませんね。





このページのトップへ

ネガワット取引開始へ

ネガワットとは、企業や家庭が節電により余った電力を、発電したことと同等にみなす考え方をいいます。

経済産業省は、この節電した電気を売買できる節電取引市場の制度「ネガワット取引」を導入することを決め、公表しています。
http://www.meti.go.jp/press/2014/03/20150330001/20150330001.html


取引では、地域の大手電力会社などから電気を購入している企業や家庭が、仲介業者の「ネガワット事業者」と、事前に需給調整契約を結びます。

電力需給が厳しくなりそうなときに、仲介業者が節電を要請。

要請に応じて企業や家庭が、節電すると報奨金をもらえる仕組みです。

仲介業者は、他の小売業者に節電分の電力を売ることで利益を得ます。


今でも、「時間帯別料金」「ピーク時料金」など、電力需要ピーク時の料金を割高にして節電効果を狙う方法はありますが、効果が不確実なのが欠点。


電気は作りだめができないのですから、効率よく利用する方法としていいかもしれませんね。

このページのトップへ