国民年金の合算対象期間

国民年金の老齢基礎年金を受けとるためには、原則として、保険料を納付した期間と免除された期間を合算して25年の年金加入期間が必要です(平成29年8月以降については、原則として10年)。

でも、年金制度が現在の形になるまでの間に、国民年金に任意加入しなかったり、国民年金の被保険者の対象となっていなかったことなどにより25年を満たせない場合があります。


そこで、そんな人でも年金を受け取ることができるよう、年金額には反映されませんが受給資格期間としてみなすことができる期間があり、この期間を「合算対象期間」といいます。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/jukyu-yoken/20140421-05.html

保険料の納付済み期間と免除期間だけでは25年に足りない場合でも、合算の対象期間があれば要件をみたすことができるかもしれません。


自分がどんな合算対象期間に該当するかまで親切に教えてもらうことはできないので、自分で探して届け出する必要があります。


送られてくるねんきん定期便の「年金加入履歴」に「空いている期間があります」という表示があったら、共済年金制度に加入したか、漏れているか、合算対象期間のいずれかの可能性があります。


もらえないより、受け取れたほうがいいのですから、面倒がらずに確認しましょうね。
このページのトップへ

ふるさと納税の返礼品専用通販サイトができる!?

総務省が、ふるさと納税の返礼対象品を購入できる通販サイトを9月にも官民でスタートさせるというニュースがありました。

ふるさと納税仲介サイト「ふるさとチョイス」を運営する会社と共同で開設。

支払いには、マイナンバーカードにためたポイントで支払う仕組みです。
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

マイナンバーカードは近く航空会社のマイレージやクレジットカードのポイントなどをためる機能を備える予定。

1ポイント=1円などとして使えるようにするようです。

マイナンバーカード普及のためにできる通販サイトなのかしらね。



このページのトップへ

災害被害にあったときに使える雑損控除と災害減免法

集中豪雨や台風などの自然災害は、いつどこで起きるかわかりません。

所得税や住民税には、地震や風水害、噴火などの自然災害や、盗難・横領により財産に損害を受けてしまったとき、確定申告により軽減できる制度があります。

それが、「雑損控除」と「災害減免法」です。

両方利用することはできないので、どちらかを選択することになっています。

大きな違いは、「雑損控除」は所得控除、「災害減免法」は税額控除だということ。

どちらが多くの節税になるかは、所得と損害の額により違ってきます。


ただし、年間所得が1000万円を超える人が使えるのは「雑損控除」のみとなっているので、どちらか1つを選択できるのは、所得が1000万円以下の人だけになります。

 
また、住宅や家財の損害は、「雑損控除」でも「災害減免法」でも控除を受けることができますが、盗難や横領による損害は「雑損控除」でしか控除を受けることはできません。


残念ながら、詐欺や脅迫による損害は控除対象になっていません。

大きな災害が続く季節なので、こんな制度があることも覚えておくといいですね。

詳しくは国税庁ので確認してください。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/saigai/saigai32.htm
 
このページのトップへ

確定拠出年金の商品数に上限?

厚生労働省では、5月、企業型確定拠出年金で従業員に提供する運用商品の上限を35本にする方針を示しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=413946


運用商品の数に制限を加える理由は、運用に詳しくない加入者にとって商品が多すぎると選択しづらいから、というもの。

議事録の中には、運用知識のない人に引っ張られて広い運用商品の中から選びたいという人の選択肢が狭まれるのは、本末転倒じゃない?という意見も出てきます。


運用機関等々に勧められるがままに提供していて、ファンドのクオリティが野放図になっている部分があるなら、この機会に再検証をしてもらういい機会になるのでは?といった意見もありました。

企業型確定拠出年金を採用している企業に勤務している人からは、同じようなカテゴリーの商品ばかりと言う声も聞くことがあります。

商品の数より、大切なのはラインナップだし、商品の選択ができないなら、投資教育をすべきだし・・・。

それがかなわないなら、運用は別のところでするっていうほうが効率がいいかもしれないですね。

このページのトップへ

7月10日はウルトラマンの日!?

「ウルトラマン」、言わずと知れた円谷プロ制作の巨大ヒーローです。

昭和41年7月17日から昭和42年4月9日の間、TBS系で毎週日曜日19:00-19:30に放送されました。



そして、今日、7月10日はウルトラマンの日。
http://m-78.jp/710/


HPによると、第一話「ウルトラ作戦第一号」が放送される7月17日より一週間前の7月10日。

ウルトラマン、ウルトラ怪獣、科学特捜隊、が出演し、ウルトラマンの生みの親である円谷英二もゲストで登場した「ウルトラマン前夜祭ウルトラマン誕生」という番組PRイベントが公開録画中継で放送されました。

ウルトラマンがテレビに初めて登場した記念すべき日が7月10日のようです。

なんと50年もの間、ヒーローなんてスゴイですね。
このページのトップへ